製品紹介

コース・セミナーへ

オンラインストア/カタログへ

プラットフォーム・シフティングが採用されたデザインで良好な軟組織を維持し、自然な審美性を実現します。またノーベルアクティブ3.0は、スペースが極めて限られた単独歯の症例にご使用頂けます。

ノーベルアクティブインターナル  ノーベルアクティブ3.0 ノーベルテーパード CC(コニカル・コネクション) ノーベルテーパード CC PMC NEW!! ノーベルパラレル・コニカル・コネクション

特徴

ノーベルパラレル・コニカル・コネクション
1. 革新的な修復ソリューション

連結部にインターナル・コニカル・コネクションが付与されたノーベルパラレル  CC(コニカル・コネクション)インプラントは、革新的な修復ソリューション「ノーベルプロセラASCアバットメントおよびノーベルプロセラFCZインプラント・クラウン」の修復を提供できます。

2. ユニバーサルタイプのセルフタップ・インプラント

多くの臨床データで裏付けされたストレートタイプのインプラント・ボディは、臨床に応じた埋入深度の調整を可能にし、幅広い症例に適応します。

3. 即時負荷のために設計

インプラントにはタイユナイト加工が付与され、先端部がやや細くなっています。先端部からプラットフォームまでスレッドが付与されたインプラント・ボディとドリル・プロトコールは高い初期固定性をもたらし、即時負荷をサポートします。
先端部がやや細くなっているため、骨密度が低い症例においても高い初期固定の獲得をサポートします。

4. 強固な密着を実現

コネクション基底部に六角形のヘキサゴナル・インターロッキング(回転防止機構)を備えたインターナル・コニカル・コネクションにより、高い密着性と機械的強度を実現します。

5. 治療時間を効率的に

簡便かつシンプルなドリル・プロトコールは、異なる骨質に応じて柔軟な対応が可能です。即時負荷プロトコールを採用できるため、治療期間を短縮し、効率的な治療を実現します。

ノーベルアクティブインターナル
ノーベルアクティブ インターナル
1. プラットフォーム シフティング

ビルトイン・プラットフォームが既存の軟組織の量を保ち、自然な審美性の獲得に役立ちます。

2. テーパー形状のインプラントボディ

骨質によらず初期固定が得やすいテーパー形状のインプラントボディは、スレッド付オステオトームのように機能して、骨を圧縮します。

3. 小さく形成した部位にも対応

先端部のドリリング・ブレードは一対の切刃状になっているため、小さめに形成した部位への埋入も容易で、それにより、骨の切削量を少なくすることができます。

4. 頚部のデザイン

バックテーパー状のデザインにより、インプラント周囲の顎骨を十分確保することができます(RPプラットフォーム)。

5. リバースカッティング・フルート

リバースカッティング・フルートを反時計回りに1/2回転させることにより、埋入窩を漸進的に拡張できます。
※骨質によっては形成した部位の底部でインプラントが止まるとは限らない点に注意して下さい。

ノーベルアクティブ WP
1. 頸部のデザイン

RPφ4.3同様、頸部はバックテーパード状のデザインによりプラットフォームシフトを採用、優れた軟組織・硬組織のマネージメントが可能になります。

2. インプラント径

インプラント最大径はφ5.5mmと臼歯部領域に対して有効です。

3. アバットメント連結面

アバットメント連結面φ4.4mm、既存のNobelActiveの機能はそのまま受け継がれています。

4. ワイドプラットフォーム

理想的なエマージェンス・プロファイルを付与しやすくなります。

5. φ5.5mm×7mm

長径6.5mmのサイズが新たに加わりました。

※Cover Screwが付属されます。

ノーベルアクティブ3.0
ノーベルアクティブ3.0
1. 新しい治療の選択肢

上顎の側切歯および下顎の中切歯または側切歯における単独歯の修復にのみ適用。

2. 連結部の高い密着性

六角形のヘキサゴナル・インターロッキングを備えたインターナル・コニカル・コネクションは確実な装着を可能にし、密着したアバットメントの連結を実現します。

3. リバースカッティング・フルート

側面にあるリバースカッティング・フルートと先端部のドリリング・ブレードの優れた切削機能。

4. 軟組織量の保持

ビルトイン・プラットフォームシフティングが採用され、軟組織を保持し、自然な美しさを実現します。

5. 独自のスレッド

インプラントボディーの膨らんだテーパー形状と、独自のスレッドが骨を圧縮し、条件の悪い骨質においても、良好な初期固定を実現します。

6. 骨量を最大限に保持

先端部のドリリング・ブレードが小さめに形成した部位への埋入も容易にし、骨の切削量を少なくすることができます。

ノーベルテーパード CC(コニカル・コネクション) ノーベルテーパード CC PMC

CC : Conical Connection / PMC : Partially Machined Collar

1. 柔軟性の高い補綴修復

2種類の補綴連結様式を可能とし、通常のアバットメントにも、インプラント ブリッジにも適応します。

2. 周囲組織を最大限に維持

プラットフォーム・シフティングが採用された頚部デザインにより、良好な周囲組織の維持と自然な審美性を実現します。

3. 確立されたコンセプト

天然歯根の形状が付与されたテーパード・ボディは、1回法および2回法の術式のいずれにおいても高い初期固定を実現します。

4. シンプルなドリリング・プロトコール

ノーベルリプレイス・テーパードと同じ形状のインプラント・ボディーを有し、外科用インスツルメントもドリリング・プロトコールも共通になります。

5. 密着性の高い連結部

アバットメントの連結部はヘキサゴナル(六角形状)・インターロッキングを備えた、インターナル・コニカル・コネクションです。
密着性に優れ、高い機械的強度を提供します。

インプラント頚部に0.75mmの機械加工表面が付与されたタイプ(PMC) が加わり、臨床のニーズに合わせてお選び頂けます。ノーベルテーパードCC ノーベルテーパードCC PMC NEW

ページTOP

製品ラインナップ

ノーベルパラレル・コニカル・コネクション

先端がさらに細く、埋入時に側壁へのオステオトーム効果が得られるため、タイプIVの骨質にも適しています。

適した骨質
ノーベルパラレル・コニカル・コネクション
プラット
フォーム
インプラント径 プラットフォーム径 長さ
NP Ø 3.75 Ø  3.5 7 8.5 10 11.5 13 15 18
RP Ø  4.3 Ø  3.9 7 8.5 10 11.5 13 15 18
RP Ø  5.0 7 8.5 10 11.5 13 15 18
WP Ø  5.5 Ø  5.1 7 8.5 10 11.5 13 15

外科用キット

外科用キット
ノーベルアクティブ

骨を圧縮するデザインにより、タイプIV の軟らかい骨質でも良好な初期固定を実現します。 審美性が要求される部位にも有効なデザインです。

適した骨質
ノーベルアクティブ
プラット
フォーム
インプラント径 プラットフォーム径 長さ
NP Ø 3.5 Ø  3.5   8.5 10 11.5 13 15 18
RP

Ø  4.3
Ø  5.0

Ø  3.9   8.5 10 11.5 13 15 18
  8.5 10 11.5 13 15 18
WP Ø  5.5 Ø  5.1 7 8.5 10 11.5 13 15  

外科用キット

外科用キット
ノーベルアクティブ3.0

ノーベルアクティブ3.0は、ノーベルアクティブ・インプラントの特徴を備えながらも、スペースが極めて限られた単独歯の症例にご使用頂けます(外科用インスツルメントは3.0専用のインスツルメントが必要となります。)

適した骨質
ノーベルアクティブ
プラット
フォーム
プラット
フォーム径
インプラント径 長さ
3.0 Ø 3.0 Ø  3.0 10 11.5 13 15

外科用キット

外科用キット
ノーベルテーパード CC(コニカル・コネクション) ノーベルテーパード CC PMC

ノーベルテーパードCC はノーベルリプレイス・テーパードと同じドリリングプロトコールを採用し、外科用インスツルメントには、コニカル・コネクション用のインプラントドライバー・キットが追加されます。 また、接合様式はコニカル・コネクションとなり、補綴用コンポーネントはノーベルアクティブと共通になります。

適した骨質
ノーベルテーパード CC(コニカル・コネクション)
プラット
フォーム
インプラント径 長さ
NP Ø  3.5 8 10 11.5 13 16
RP Ø  4.3 8 10 11.5 13 16
RP Ø  5.0 8 10 11.5 13 16

外科用キット

外科用キット
ノーベルアクティブ技術情報
疲労試験

1992年より、ノーベルバイオケアでは現在のスタンダードとなっているISO14801に類似した社内疲労試験プロトコールを設定・適用しています。この試験では、標準的なアバットメントを装着したインプラントを30°の角度で固定し、14 Hzの回転数で負荷をかけます(図1)。

図1
図2
耐力

疲労試験の結果より耐力の測定を行うためのインプラント/アバットメントの組み合わせを使用します。ノーベルアクティブにおいてはチタン/ジルコニアのアバットメントについて耐力試験を実施しました。表1は各インプラント/アバットメントの組み合わせについて、5百万回の衝撃に対する耐性強度を示しています。結果ノーベルアクティブとチタン製アバットメントの組み合わせの場合、破折はインプラント体において生じ、ノーベルアクティブとジルコニア製アバットメントの組み合わせでは同試験においてジルコニア製アバットメントに破折が生じました。
(備考:1992年のブローネマルクシステム インプラントØ 3.75と既製のチタン製アバットメントの組み合わせによる耐力は185 N)

表1インプラント / アバットメントの耐性強度
インプラント / アバットメントの組み合わせ 最大負荷
(N)@5M回
アバットメント素材 インプラント径
チタン Ø 3.5 222(図2参照)
Ø 4.3 355
ジルコニア Ø 3.5 178
Ø 4.3 225
  • 製品一覧ページ
  • カタログ&マニュアルはこちらから

ページTOP

  • インプラントシステム
  • エクスターナル・ヘキサゴン・コネクション
  • インターナル・コニカル・コネクション
  • インターナル・トライ‐チャネル・コネクション
  • マルチユニット・アバットメント プラス
  • アバットメント
  • ノーベルプロセラ
  • ノーベルプロセラ プロダクト
  • FCZ
  • ノーベルデザイン・ソフトウェア
  • FCZ クラウン
  • ガイデッドサージェリー
  • ノーベルガイド
  • エンジン
  • カタログ一覧
  • オンラインストア

全国の歯医者さん検索はこちらから